家庭菜園におすすめの野菜ランキング!初心者でも育てやすいのは?

収穫の喜びや食のたのしさを実感できる「家庭菜園」。家庭菜園で栽培できる野菜は数多くありますが、みなさんがおすすめする人気の野菜はどれなのでしょうか?

投票期間(投票期間終了)

2023年07月26日〜2023年08月09日

家庭菜園で育てる野菜の種類ランキング結果

twitter
1

ミニトマト(家庭菜園)

29票
2

シソ(大葉)

26票
3

ピーマン(家庭菜園)

24票
4

バジル(家庭菜園)

18票
5

ナス(家庭菜園)

17票
6

きゅうり(家庭菜園)

16票
7

トマト(家庭菜園)

14票
8

葉ネギ(家庭菜園)

13票
9

オクラ(家庭菜園)

12票
10

いちご(家庭菜園)

10票
11

ゴーヤー(家庭菜園)

9票
11

キャベツ(家庭菜園)

9票
13

白菜(家庭菜園)

8票
13

トウモロコシ(家庭菜園)

8票
13

ズッキーニ(家庭菜園)

8票
13

タマネギ(家庭菜園)

8票
13

えだまめ(家庭菜園)

8票
13

ブロッコリー(家庭菜園)

8票
13

ダイコン(家庭菜園)

8票
13

サツマイモ(家庭菜園)

8票
13

じゃがいも(家庭菜園)

8票
13

エンドウ(家庭菜園)

8票
13

ほうれん草(家庭菜園)

8票
24

ニラ(家庭菜園)

7票
24

小松菜(家庭菜園)

7票
24

カリフラワー(家庭菜園)

7票
24

アスパラガス(家庭菜園)

7票
24

パプリカ(家庭菜園)

7票
24

ニンジン(家庭菜園)

7票

ランキング詳細

crown

ミニトマト(家庭菜園)

種まき 3月上旬
植え付け 5月上旬
収穫 7月頃~10月初旬

トマトの栽培に適した温度は昼間が25度から30度、夜は10度から15度で、強い日光と大きな昼夜温度差を好みます。 (引用元: 農林水産省 )

crown

シソ(大葉)

植え付け 5月~7月中旬
収穫 6月中旬~8月

独特の香りがあり、栄養価が高く、古くから食材として使用されてきたシソ。育て方が簡単なので、初心者でもチャレンジしやすい植物です。 (引用元: アースガーデン )

crown

ピーマン(家庭菜園)

種まき 2月下旬
植え付け 5月上中旬
収穫 7月~10月

栽培時期は春に苗を植えて、夏から秋にかけて収穫する野菜で、日本では5月ごろに植え付けされ7月から10月ごろにかけて収穫されるのが一般的である。高温を好み栽培適温は25~30℃とされ、寒さには弱く18℃以下になると栽培不良になってしまう。仕立や剪定の手間がかからず、比較的容易に栽培できる作物であるが、連作障害が起きるため同じ土地では、3年以上は同じナス科野菜を作らないようにする必要がある。 (引用元: wikipedia )

4

バジル(家庭菜園)

植え付け 5月中旬~7月初旬
収穫 6月中旬~8月

イタリア料理に欠かせないバジルは、おすすめしたいハーブのひとつ。上手に育てれば、長い期間収穫が楽しめます。苗からでも種からでも比較的育てやすいのが特徴です。 (引用元: アースガーデン )

5

ナス(家庭菜園)

植え付け 5月
収穫 6月下旬~10月

夏野菜の定番といえば、ナスですよね!ナスを使ったレシピは数多くあり、揚げびたしや炒め物、煮物、カレーの具などにも最適です。また、シンプルに焼きナスにしていただくのもおいしいですよね。 実はナスはおうちでも栽培できることをご存知ですか?プランターが置けるほどの場所があれば誰でも育てることができるので、ベランダ菜園にピッタリです! (引用元: アースガーデン )

6

きゅうり(家庭菜園)

シャキシャキとした食感のキュウリ(きゅうり)は、夏の食卓には欠かせない食材ですよね。そのまま、あるいはサラダや漬け物にして食べても美味しいキュウリ(きゅうり)は、コストパフォーマンスも良く、また、育てがいもある野菜なので、ベランダ菜園にピッタリです! (引用元: アースガーデン )

7

トマト(家庭菜園)

植え付け 4月中旬~5月初旬
収穫 7月中旬~8月

真っ赤で栄養豊富なトマトは、料理やお弁当を美しく彩るのに欠かせない野菜。サラダやジュース、煮込み料理や炒め料理など、どんなレシピに入れてもOKな美味しさが魅力です。育てやすくコストパフォーマンスもよいので、毎日の食卓に並べたい方にはベランダ菜園がぴったりですね。 (引用元: アースガーデン )

8

葉ネギ(家庭菜園)

種まき 7月~8月中旬
収穫 10月~2月

葉ネギ(葉葱)とは緑の部分が多く、根元から葉の先まで食べられるネギのこと。青ネギとも呼ばれ、万能ネギや九条ネギなどの品種も有名です。大きく成長する長ネギに比べると、小型で育てやすいのでプランター栽培にも最適。一鉢あると、色々な料理や薬味に使えてとっても便利です。 (引用元: アースガーデン )

9

オクラ(家庭菜園)

植え付け 5月~6月中旬
収穫 7月~10月

切り口が星形で可愛らしいオクラは品種も豊富。赤いオクラもあれば、切り口が丸いオクラ、花を食べる「花オクラ(トロロアオイ/黄蜀葵) 」も!代表的なネバネバ食材としても有名です。ビタミンやβカロテン、カルシウムや鉄なども含みます。原産地はアフリカで、太陽が大好き。夏の暑さの中でもグングン育つオクラを育ててみませんか? (引用元: アースガーデン )

10

いちご(家庭菜園)

子供から大人まで大好きな甘酸っぱくてジューシーなイチゴ。果実類の中では、比較的栽培が簡単なため、初めて家庭菜園をする人にもおすすめです。 (引用元: アースガーデン )

11

ゴーヤー(家庭菜園)

ゴーヤーやアサガオなどで自然の木陰を作り、お部屋全体を涼しくするグリーンカーテン。エコ活動の一環として役立っています。 (引用元: アースガーデン )

11

キャベツ(家庭菜園)

収穫時期(春キャベツ) 4月~5月
収穫時期(秋キャベツ) 11月~12月中旬

キャベツは、煮ても漬けても生でも食べられる、調理の幅が広い野菜です。クセが無く甘みがあるので、子供でも美味しく食べられる健康野菜ですね。実はこのキャベツ、手間がかからず、意外にもプランターで作りやすい野菜なんです。 (引用元: アースガーデン )

13

白菜(家庭菜園)

植え付け 8月中旬~9月中旬
収穫 11月~12月中旬

寒い季節の定番野菜、ハクサイ(白菜)。みずみずしい葉はやわらかくてクセが少ないので、鍋や漬物、野菜炒めなど幅広い料理で大活躍します。プランターで栽培するなら、サイズの小さいミニハクサイがおすすめ。丸く結球するイメージが強いハクサイですが、結球しない品種もあります。 (引用元: アースガーデン )

13

トウモロコシ(家庭菜園)

植え付け 4月中旬~5月
収穫 7月~8月

黄色くて甘いプチプチとした実が、大人にも子供にも大人気の野菜、トウモロコシ。夏を代表する野菜の一つで、特に収穫直後の鮮度の良いものの美味しさは格別です。トウモロコシは高温を好む植物のため、日当たりの良い場所で育ててあげましょう。家庭菜園で育てる場合は、実をしっかりつけるために人工授粉を行うことが大切です。 (引用元: アースガーデン )

13

ズッキーニ(家庭菜園)

植え付け 4月中旬~5月
収穫 6月中旬~8月中旬

見た目はキュウリ、果肉はナスに似ているズッキーニは、別名「つるなしカボチャ」とも呼ばれます。イタリア料理やフランス料理によく使われる野菜で、日本でもスーパーなどで購入できる身近な野菜になりました。ウリ科の植物ですが、つるが無いので場所をとらずベランダでも育てやすいですよ。 (引用元: アースガーデン )

13

タマネギ(家庭菜園)

植え付け 10月下旬~11月
収穫 5月中旬~7月中旬

タマネギ(玉ねぎ)はどんな料理にも深みを与えてくれる、名脇役と言える優秀な野菜。血液をサラサラにする働きも期待できるこのタマネギ(玉ねぎ)、実は病気や害虫、寒さにも強いため、手間がかからず、ご家庭でも簡単に栽培できるんです! (引用元: アースガーデン )

13

えだまめ(家庭菜園)

種まき 4月~6月初旬
植え付け 4月下旬~5月初旬
収穫 7月下旬~8月初旬

エダマメ(枝豆)はおいしいだけではく、栄養成分や食物繊維が豊富な優れものの野菜なんです。 病気になりにくく育てやすので、初めての方でも失敗しにくいですよ。 (引用元: アースガーデン )

13

ブロッコリー(家庭菜園)

食卓やお弁当の彩りに欠かせないブロッコリー。もこもこした食用部分は花の蕾(つぼみ)だって、ご存知でしたか?スーパーでは通年で見かける野菜ですが、実は11~3月頃が旬で、貴重な冬の健康野菜でもあるんです。 (引用元: アースガーデン )

13

ダイコン(家庭菜園)

収穫時期(春) 4月~5月上旬 種まき、4月中旬~5月 間引き、6月~7月初旬 収穫
収穫時期(秋) 8月中旬~9月中旬 種まき、9月~10月 間引き、10月下旬~12月初旬 収穫

日本人にとってなじみ深い根菜であるダイコン(大根)。おでんや煮物、漬物はもちろん、薬味やサラダなど幅広い料理に使えるので、とても人気の高い野菜です。春と秋の年2回栽培できますが、育てやすい秋まきがおすすめ。30cm以上の深めのプランターを使えば、ベランダなどでも手軽に育てることができますよ。 (引用元: アースガーデン )

13

サツマイモ(家庭菜園)

植え付け 5月下旬
収穫 9月~11月

秋の味覚の代名詞とも言えるサツマイモは、暑くても、土地がやせていても育つことができるとてもたくましい野菜です。遠足での芋掘り体験から広いスペースが必要なイメージですが、プランターでも十分育ちます。茎の一部を切りとったつるを「挿し穂」として使用することがポイント。品種も多いので、好みに合わせて選びましょう。 (引用元: アースガーデン )

13

じゃがいも(家庭菜園)

栽培時期(春植え) 2月下旬~3月 植え付け、6月下旬~7月上旬 収穫
栽培時期(秋植え) 8月上旬 植え付け、11月 収穫

煮物やカレーなど、食卓でお馴染みのジャガイモ(じゃがいも)。ホクホクとした食感は、ほっこり安心させてくれますよね。実はこのジャガイモ(じゃがいも)、2~3ヵ月ほどの比較的短い栽培期間で、種イモの5~10倍もの量が収穫できるお得な野菜なのです。植えてしまえば意外と簡単に育てられるので、春からベランダ菜園にチャレンジしたいという方におすすめです。 (引用元: アースガーデン )

13

エンドウ(家庭菜園)

種まき 10月
植え付け 10月下旬~12月上旬
収穫 4月下旬~6月上旬

サヤエンドウは、豆を大きくせず柔らかいサヤのまま収穫します。サヤも豆も柔らかく、食感の良いのがスナップエンドウ(スナックエンドウ)です。採れたてが美味しいマメ科の作物を鮮度が高いうちに食べられるのは家庭菜園ならでは! (引用元: アースガーデン )

13

ほうれん草(家庭菜園)

ホウレンソウ(ほうれん草)は、代表的な緑黄色野菜です。ビタミン類や鉄、ミネラル分などの栄養価は、野菜の中でもトップクラス!実はこのホウレンソウ(ほうれん草)、寒くてもプランターで丈夫に育つので、とても人気なんです。短期間にグングン育ち、間引いた葉も柔らかくて美味しいので、ベランダ菜園初心者におすすめです! (引用元: アースガーデン )

24

ニラ(家庭菜園)

植え付け 5月~6月
収穫 7月~10月

多年草のため長く収穫を楽しめるニラ。1年で数回収穫でき、越冬して3年ほど栽培を楽しめてお得です。寒さや暑さ、病害虫にも強いため初心者にもおすすめ!カロテン・ビタミンが豊富に含まれる緑黄色野菜が、プランターで旺盛に育ちます。 (引用元: アースガーデン )

24

小松菜(家庭菜園)

種まき 3月~11月上旬
収穫 6月~12月

コマツナ(小松菜)は栄養価が高く、クセがなく美味しい緑黄色野菜です。定番のおひたしやサラダの他にも、漬物や炒め物、汁物の具など色々な料理に使えるところも便利です。そのコマツナ(小松菜)が、ベランダでとっても簡単に栽培できるってご存知でしたか? (引用元: アースガーデン )

24

カリフラワー(家庭菜園)

収穫時期(夏まき) 10月下旬~11月中旬
収穫時期(冬春まき) 5月下旬~6月

ブロッコリーに似た花の蕾のような形と、真っ白な色が美しいカリフラワー。最近では白色以外にも、黄色、オレンジ、紫など、さまざまな色の品種が売られています。寒さに強い冬野菜なので、半日陰でもよく育ちます。 (引用元: アースガーデン )

24

アスパラガス(家庭菜園)

4月~10月 4月~5月/9月~10月

“鮮度が命”と言われるほど、収穫直後がとにかく美味しいアスパラガスは、家庭菜園におすすめの野菜の1つです。日に当たって元気に育ったグリーンアスパラガスの穂先には、疲労回復効果でも有名なアスパラギン酸がたっぷり!1度収穫が始まったら長く楽しめ、芽が出ると数日でニョキニョキ伸びて、すぐ収穫できます。連作も可能! (引用元: アースガーデン )

24

パプリカ(家庭菜園)

植え付け 5月~6月上旬
追肥 6月~8月
収穫 7月~10月

赤や黄色・オレンジなど、カラフルな見た目からカラーピーマンとも呼ばれているパプリカ。ピーマンよりも、実が肉厚で苦味が少ないので食べやすく、料理の彩りをぐんとアップさせてくれる便利な野菜です。難易度は少し高めですが、新しい野菜を育ててみたい方やピーマンを育てたことがある方などは、ぜひ挑戦してみてください。 (引用元: アースガーデン )

24

ニンジン(家庭菜園)

ニンジン(人参)はカレーやシチュー、サラダでお馴染みの野菜。スーパーで見慣れていますが、栄養たっぷりで料理の幅も広く、キッチンに常備しておきたい野菜の一つです。 (引用元: アースガーデン )

※掲載情報はコンテンツ制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

投票募集中の新着ランキング

イギリスの食べ物といえば?おすすめ料理の種類人気ランキング!

フィッシュ&チップスやスコーンなど、イギリス発祥の食べ物は、日本でも馴染みのあるものが多くあります。ベーコンやソーセージ、卵料理などがワンプレートにのったイングリッシュブレックファーストは朝食の定番ですよね。そのなかでも好きな料理といえば、何ですか?

【2024年】おすすめの缶チューハイランキング!1位に選ばれるのは?

自宅で手軽に楽しめるお酒といえば缶チューハイですよね。定番のレモンサワーやフルーツの果汁がふんだんに使われたもの、低アルコールなどさまざまな種類があるなかで、人気No.1はどれなのでしょうか?

部屋のカビ対策におすすめのグッズランキング!みんなのおすすめは?

暖かくなってくると心配になるのが、湿気によるカビですよね。フレグランスやスプレー、置き型などさまざまなカビ対策グッズがあるなかで、みんなのイチオシはどれなのでしょうか?

ホーロー鍋で作る人気レシピランキング!1位に選ばれるのは?

熱伝導の良いホーロー鍋は、煮込み料理や蒸し料理はもちろん、パンだって焼けちゃう優れもの。そんなホーロー鍋を使ったレシピが数多くあるなかで、みんなのお気に入りはどれなのでしょうか?

市販「米粉パン」おすすめランキング!スーパーで買える人気商品

小麦アレルギーの人だけでなく、健康志向の人からも人気の米粉パン。小麦粉のパンよりもカロリーが控えめのため、ダイエット中にもいいですよね。食パンやあんぱん、玄米パンなどさまざまな種類があるなかで、みんなのイチオシはどれなのでしょうか?

サイゼリヤの人気メニューランキング。王者ミラノ風ドリアを超える新星は現れる!?

近年その味とコストパフォーマンスが再注目されているサイゼリヤ、SNSでは日本人だけではなく本場イタリア人も同店を称賛しています。なかでもミラノ風ドリアや辛味チキンは王道ですが、もしかしたらそれらを超える新人気メニューがあるかも……?

ビアードパパのおすすめメニューランキング!最新の人気商品

シュークリームの大人気チェーン店「ビアードパパ」。作り立てにこだわったサクッと香ばしいシュー生地と、バニラが香る濃厚なクリームが魅力です。みなさんが好きな、ビアードパパのメニューはどれですか?

丼物の種類の人気ランキング!おすすめは一体どれ?

牛丼、天丼、親子丼など、丼物はどんぶりにおかずとご飯を盛った日本の料理形式のひとつです。冷蔵庫の食材でササっと作れるものから、並んででも食べたい名店の丼物と、数多くの種類があります。はたして、読者が選ぶ1位の丼物はどれなのでしょうか?